ニュース」カテゴリーアーカイブ

もうヴィレッジヴァンガードについては残念すぎます

今日はいろいろ株式投資に関わるブログを読んでいました。
よく読む優待族の方のブログでヴィレッジヴァンガードの優待券が半額券になるとのこと。
なんで、そんなことしちゃうかな~って思ってしまいました。
これは完全にウリだなって思ったりしています。
1000円がいくらでも使えたから持っていたのにって感じです。
これじゃ1万円も優待券がきても嬉しくないって感じですね。
だいたい、それなら1株からでも優待を出すみたいなことしなければいいのにって思っちゃいます。
売る人も出てくるかもな~って思ったり。
もしくは、優待の季節になっても買う人が少なそうな気が。
余裕がなくなったのかな~なんて思っちゃいますよね。
企業を評価してあげたらいいのか分からなくなってしまいます。
これで少なくとも買い増しとかはなくなりました。
どこで一番高く買ってもらえるか考えてしまいます。
店舗に行くことも少なくなりそうとか考えてしまいますね。
ま、遊びで買った株の一つなので、このままほったらかしにしておこうと思います。
それよりももっと成長してくれそうな株を探すのに注力したいです。
株式投資も長くやっていれば、嫌なことの一つや二つあるよねって感じです。
あまり気にせずに、前向きに投資を続けたいと思います。

なんだか小林麻央が可哀想すぎる!

小林麻央の病状のことをニュースでやっているのを見ました。
3時から海老蔵さんの方から会見があって、報告を聞いたのですけど、なんだか聞いていて可哀想でたまらなかったです。
別に海老蔵さんが嫌いってわけじゃないけど、やっぱり海老蔵さんが心労をかけたせいもあるのでは?と思ってしまいます。
麻央ちゃんってすごく我慢しそうだし、海老蔵さんの暴力を振るわれた事件でも心配して苦労したと思うのです。
それに歌舞伎という世界に入って、ものすごく苦労していたのもあると思います。
それで体を壊してしまったのではないかと思ってしまうのです。
まだどうなるのかは分からないのけど、本当にまだ全然若いのに可哀想だなと思ってしまいました。
もし歌舞伎の世界に入らなかったらもしかしたらもっと元気だったんじゃないかなとかも思ってしまいます。
本当にあの年齢で進行癌だなんて可哀想です。
子供のもまだまだ小さいので、なんとか持ちこたえてほしいなと思いました。
そして海老蔵さんは精一杯麻央ちゃんのためにいろいろしてあげてほしいですね。
お昼に見ていたけど海老蔵さんもすごく辛そうだったので、どうにか回復に向かってほしいなと思いました。
そして本当に麻央ちゃんのこと大事にしてあげてほしいなと思います。

ユーグレナはもはや夕暮れなのか

つい最近まで日本の代替燃料の未来を担う企業としてかなりの存在感を見せていたベンチャー系のユーグレナはある種の水草からバイオ燃料を抽出する画期的な技術を開発したとして一躍時代の寵児的雰囲気を漂わせていたのですが、あと何年後かにはほとんどのガソリン車は電気自動車へと切り替わる予測が出ていますから、そうなるとこの会社のビジネスプランは大幅に狂ってしまうので、そのの方向性が気になっていました。
原油価格が在庫増で値下がりしている中で今更バイオ燃料なんか作ってもらわなくてもいいと思われても仕方ないでしょうし、このまま原油の値下がりが続けばバイオ燃料の生産コストでは対抗できなくなってしまう懸念もあります。
ただ航空機にはまだ電気化の波が訪れておらず当分はバイオ燃料系での運行が見込めそうですからそちらへシフトすれば延命できそうな気もします。
バイオ燃料をどのようなからくりで航空機燃料化するのかなど到底私には理解出来ませんが一応供給できる技術はあるようなのでしばらくは株主たちも安心でしょう。
夢のような話から一転、生き残るすべを模索中のように見えてしまうユーグレナの社長を久しぶりにテレビで拝見したのですがかつての余裕は消えどことなく引きつった表情に見えてしまいました。
会社の価値はピーク時から相当下がっているような気がしましたが、今後も水草を利用しての栄養事業や化粧品事業などで大化けする可能性は残されていると思います。

何でも始めればいいといったものではない

東京都渋谷区と世田谷区で同性愛を認める公的文書を発行できるようになりましたが、兵庫県宝塚市でも同じようなことができるように変わっていくそうです。
別に同性を好きになるのは構いませんけど、あまり表立って騒ぎ立てて欲しくはないですね。
最近同性愛者の話題がなぜか多くて、あまりいい気はしていませんのでマスコミには少し自重してほしいです。
元々同性愛はやめろと言ったところで、個人の趣味は変わらないと思いますから無駄でしょうし、あまり周りと絡まないところで楽しむ分には構わないのではないでしょうか。
さすがに親兄弟がそういった趣向だと言われれば、全力で阻止する方向には動きますが、他人が遠くで勝手にやる分には静観してますよ。
しかし、お隣さんがそうだったとしたら警戒はするでしょうね。
隣がロリコンだというのがわかっていたら、子供を外で自由に遊ばせようなんて間違っても思わないでしょう。
それと同じです。
基本静観の私でも、養子縁組の話なんかを聞いていると、そのまま受け入れるのは危ないのかなとは思いますが、そこまで考えて上記3自治体が動いている可能性は極めて低いでしょうね。
もう少し考えてからこういったシステムを導入していくべきだったと思いますね。

チリ中部でM8.3の大地震が発生。

チリ中部でM8.3の大地震が発生しました。
チリ政府の発表によると、この地震により5人が死亡との事でした。
私の正直な感想としては、マグニチュードの大きさの割には、死者数が少ないのかなと思います。
チリと言えば、2014年にもこのクラスの地震がありました。
地震が頻発する地域なので、備えや避難などの地震対策がしっかりしているのかなと思います。
今回の地震の余波として、日本にも津波が到達する可能性があるようです。
気象庁の発表では、日本時間の18日早朝に太平洋沿岸に30センチ~1メートルの津波を予想しています。
東北地方に住んでいる方は、気をつけて欲しいです。
日本で同クラスの地震があれば、死者数はこれでは収まらないと思いますし、パニックになると思います。
日本も地震の多い国なので、チリのこうした点は見習うべきだと思います。
具体的にどのような対策をしているのかは分かりませんが。
学べるところはしっかりと学び、いざという時に備えて欲しいと思います。
災害は忘れた頃にやってくるという言葉がありますが、正にその通りだと思います。
地震に限らず、近年異常気象が多発しています。
特別警報が年に数回も頻発する状況なので、決して他人事ではありません。
いつ自分のところで起こっても良いようにしておかないといけないなと思います。
非常食なども今度買っておこうと思っています。

子供達の政治への関心に思う

小さな塾をしている関係で、子供達との交流が多い生活をしている私にとって、ちょっと嬉しくもあり心配な事があるのです。
ここ最近、大学生や高校生の国会前のデモ活動のニュースを観ている事もあって、小学校の高学年のクラスでは、子供達の平和に対する関心を高める意味においても、担任教師と生徒のデスカッションを行っているように聞いているのですが、大人でも理解しにくい問題をテーマにしている精か、はたまた、幾人かの政治家の問題発言のニュースを観ている精か、親御さんの考え方をちょっとだけ齧っているだけの、年齢の低い子供達の私に対して話す内容は、偏った説明が、どこかの場所で行われているようで、政治に対して、興味を持つ小学生がふえてくれている事に、大きな拍手と共に、政治について話し合う時は、やっと年齢も二けたに到達したばかりの子供達に、正しく、公平な教え方をして欲しいと思って、わずかながらに不安も覚えています。
勿論子供達が政治について、議論をする事じたい、各々の顔と同様、独りずつ見かたも考えも違うという事も学べる機会が多い程、いつか社会にでた時には、自分の考えをきちんとまとめて話す事が出来るようになってくれるはずですから、大いに賛成ですがね。
学校や家庭にいれば、子供達の考え方は、殆ど、それら大人達の発言が、彼らの成長に大きく影響も与えうることだと、毎日、子供達から耳齧り発言を聞く度に、大人の責任を強く感じているのです。

銀行員が着服するというニュースを見ました

ニュースで、大手銀行員が客の預金などを着服して逮捕されたというニュースを見ました。
逮捕された男は、勤めていた銀行の支店の幹部で、客の資産運用を任される部門を担当しており、運用するとして預けられた貯金などを、私的に流用したようです。
しかも、13年にわたり、金額にして1億1千万円という巨額となります。
13年も発覚しなかったのも不思議ですが、考えてみれば、大手銀行の支店といえ幹部の人に資産を預けているのですから、まさか着服されているなんて思わないでしょう。
供述によると、贅沢な暮しをするために遊興費などにつかったそうで、さらに家のローンなども返済にも流用したようです。
ということは、この幹部には、当然妻や子もいたわけで、彼らは、夫のまたは父親の犯罪のために、すべてを失ってしまうかもしれません。
この幹部の男は、自分が罪を犯すことで、勤める銀行はもちろんのこと、妻や子供にも迷惑をかける、ということを認識していなかったのでしょうか。
長きにわたって犯行におよんでいることから、かなり悪質だと思います。
銀行もこういうことがないよう、チェックをしていたと思いますが、幹部クラスとなると抜け道があったのかもしれませんね。
こういう犯罪は2度とないことを望みます。