ローン」カテゴリーアーカイブ

借金を解決する最終手段としての自己破産。

money

自己破産と聞くと、すべての借金を帳消しにしてもらえるということで素晴らしい制度だと感じるかもしれません。
しかし、決して安易に選択して後悔をしないようにしましょう。
破産とは、多くのデメリットがあるからです。

まず、いわゆるブラックリストに載ってしまうことです。
つまり、社会的な信用がなくなってしまいます。
ですから、新たにお金を借り入れることやクレジットカードを作ることはできなくなってしまいます。

また、自己破産によって、財産が差し押さえられる可能性があります。
原則として20万円以上の価値のある財産は、管財人によって管理され、処分されてしまう場合があります。
そのようにして、借金の返済に充てるからです。
財産にはマイホームや自動車も含まれています。

さらに、士業など一部の職業には付けなくなります。
自己破産を考える前に、しっかりと家計を見直すことをお勧めします。
支出を分析すれば、無駄になっている部分を見つけることができるでしょう。

生活費を見直すことにより、支出を減らすことができれば、その分を借金の返済に充てることができるでしょう。
安易な方法を考える前に、任意整理や個人再生といった他の方法についても調べるとよいかもしれません。
破産はあくまでも最終手段です。

クレジットカードのキャッシング枠を利用してしまった主婦。

MasterCard credit card

子供が二人同時に幼稚園に通っていた頃に、生活費がどうしても足りなくなってしまいました。
主人に相談しても、「無駄遣いばかりしてるからじゃないの?」くらいに言われてしまい、お金を工面してくれる様子もなく、どうにもならない状況だったのです。
実家の母に、借りたりすることもありましたが、なかなか毎月の様には言い出せなくなりました。

消費者金融から借りるのも何だか恐いし、そもそもパートでしか働いていない私に貸してくれる会社なんて無いと思っていたのです。
そんな時、私が持っているクレジットカードにキャッシング枠が付いていることを思い出し、それを利用することにしたのです。
コンビニのATMで始めてお金を借りた時は、ドキドキしました。

何となく後ろめたいような罪悪感のような気持ちも抱きましたし、2ヶ月、3ヶ月と繰り返しキャッシングをしていくうちに、気持ちが慣れてきてしまったようです。
ATMでお金を借りることに抵抗がなくなっていきました。
キャッシングして生活が楽に感じてしまったのです。

本来なら、生活を切り詰めたりする努力をしなければならない筈だったと思いますが、目先の楽を選んでしまったのです。
気付けば最初のキャッシング枠は限度額を迎え、更に毎月の返済に困るようになり、次のクレジットカード、更に主人のカードを何だかんだと嘘をついて借りては、お金を借り入れてしまったのです。

もうどうにもならないと思いました。
実家の母にも相談しましたが、専業主婦の母には立て替える程の余裕はなく、ついに主人へ全てを告白したのです。
主人は一緒に泣いてくれて、私のこれまでの気苦労を受け入れてくれました。

まだ手遅れではないと、銀行系のカードローンの契約が何とか審査が通り、私のクレジットカード分を全て「おまとめローン」としてくれたのです。
それまでとても高額な利息を払っていたことを知りました。
とても言い出し辛かったとはいえ、もっと早く主人へ真剣に相談すべきだったと反省しました。

消費者金融への利息は早く返済することで減らすことが可能。

money

消費者金融から融資を受けたお金は、返済が遅くなれば遅くなるほど、金利が多くかかる仕組みになっています。
毎月返済日と返済金額が決まっており、それを契約に基づいて返済をするのですが、返済金額が契約より多い分には問題ありません。
また、予定より早い返済もいいでしょう。

しかし、あまりに早すぎるとその月は返済したことにならないので注意が必要です。
早く、多く返すとどんな利点があるのでしょうか。
もし、その返済が生活を圧迫するようであれば、問題があります。

しかし、多く早く返すことにより、返済の総額は予定されていた金額より安く済むという利点があるのです。
金利は毎月支払っていますが、借りている元金に対しての計算になるので、残債が少なければ少ないほど、計算上は料金が減ることになります。

つまり、毎月の契約よりも多く返していれば、その金利の計算も変わり、返済総額が安くなっているのが現状なのです。
また、消費者金融からは返済日も定められていますが、契約で定められた日時より早めに返すことで、一日ごとの利息が減り、実質は返済が少なくて済むのです。
あくまで契約上で定められている返済は、予定通り返済が終わるという前提で組まれている仮の金額です。

その金額よりも少ないと、返済が滞ったということになってしまいます。
しかし、少しでも早く返済することができれば、利用者は総額を減らすことができるので、返済が楽になるのです。
消費者金融への返済はなるべく早く、金額を増やしていくことで、自分の生活を楽にすることもできるということを覚えておきましょう。

金融機関の融資はネットを利用して申し込む。

loan

金融機関から融資を受ける際に、正しい利用方法を心がけていくことが非常に重要になることは間違いありません。
正しい利用方法を持って使用しないと、自分がその金額を返済していくことは当然不可能であり、個人再生などの手続きを行わなくてはならない事態に発展してしまうケースも十分に考えられますそういったことがないようにするためにも、安全な融資の利用方法を学ぶとともに、実際に金融機関を利用する際に、その方法を実践していくことが、たいへん重要なことであるのは間違いないでしょう。

近年金融機関に融資を申し込むための方法には様々なものが用意されるようになってきました。
その中でも特に利用される機会が多いものの一つが、インターネットを利用して申し込みを行うという方法です。
インターネットを利用することによって、より安全に金融機関からの融資を受けることができるようになるため、インターネットからの申し込みを利用することによって、個人再生が必要になってしまうような状況を避けることができるようにもなるのです。

たとえば融資を利用するための金融機関のホームページには、返済のための計画や、審査に自分が合格することができるかなどをシミュレーションすることができるようになっており、それらを利用して、自分が最も安全に金融機関を利用していく方法を見つけ出すことができるようになっているのです。
そうしたインターネットならではの技術を身に着けることは、安全に融資を利用し、個人再生などのリスクを極力減らしていくためには有効な手段になるのです。

主婦が夫に内緒で借入するときの注意

主婦の方は働いていない場合も多く、収入がない人もいますが、キャッシング利用が可能な場合は多いです。
それは世帯単位でちゃんとした収入があれば審査に通る可能性が高いからです。
夫が会社員などで稼いでいる収入が審査のときの対象になり、それが問題なければキャッシングの審査には通るのです。
続きを読む