パソコン」カテゴリーアーカイブ

FC2ブログが凍結されてしまいました

毎日3回以上更新していた自分ブログがFC2さんによって凍結されてしまいました。
日々20000アクセスあったサイトです。
噂には聞いていましたがその目に自分があってしまいました。
ネットでいろいろ調べると、改善して再開したいとの意向を丁寧にメールで問い合わせると返信が来て再開できる場合があるということなので現在問い合わせ中です。
やり始めて8年でした。
2年ほど前からアクセスが増え、いろんなサイトから相互リンク依頼が来て、記事数や画像や動画の数も膨大な数になっていました。
これが一瞬で消えることになります。
再開できればいいですが、できない場合はまた一からはじめないといけません。
こちらに落ち度があったからでしょうが、事前通告でもいただければこんなショックは受けなくてもいいと思います。
噂によると定期的に抜き打ちでサーバの一部のサイトをチェックして、行っているとのことです。
正直FC2さんのブログは一番メジャーで、テンプレートもいじりやすく、更新も使いやすく、アフィリエイトなどほぼ何をやっても自由でした。
その自由さに甘えた自分が悪いのかもしれません。
以前ブログが始まる前のホームページ時代に、一度規約違反ということで勧告を受けたことがあります。
それは規約違反しているので○月○日までに自主退会してください・・というものでした。
この場合はデータの移行や、サイトURLの変更連絡等ができたので助かりました。
それにしても今回の凍結は頭が痛いです。

今さらですが、ラインアプリを使うようになりました

本当に今さらという感じですが、ラインのアプリを使い始めました。
メッセージを読んだら、既読になるのが嫌で断固使うことを拒否していたのですが、やっぱりみんなラインは使っているので使わないと不便になってきてしまって私もようやくラインをインストールしました。
最初は既読マークがつくから嫌だなって思っていたのですが、ラインだと簡単な連絡ぐらいしかこないので、すぐに返信できる内容が多いし、既読されたかどうかは想像していたより気になりませんでした。
あとスタンプだけで軽く返事しても手抜き感がないしメールより使いやすいかなぁと思います。
実家の母にもラインを使うようにしてもらったのですが、電話の機能まである事を知らなかったみたいで、ラインで電話したらビックリしていました。
ましてカメラで自分の顔をうつしながら、話せるなんていうのは、私の母親世代では想像もつかないぐらいスゴい事のようで、本当に無料で使えるの?と何度も聞かれました。
子供の頃から、いつも流行に乗り遅れる私ですが、大人になってもやはり周りの人より遅れるのは変わらないみたいです。
今から遅れを取り戻すように、ゲームとか色んな機能を使って楽しみたいと思います。

高校生の携帯は当たり前?

昨日、仕事の移動の途中で時間が空いてしまったので、ちょうと席が空いていた駅前のカフェに立ち寄りました。
時間帯的に高校生の下校時間に重なってしまったようで、カフェの中にはたくさんの高校生の姿がありました。
ただワイワイガヤガヤという感じではなく、みんなスマホで熱心にゲームか何かをしている様子でした。
私が学生だった頃もカフェでたむろすることはありましたが、ずいぶんと時代が変わったものだなと思いました。
私が高校生だった頃は、まだスマホなんてありませんでしたし、学校に携帯を持ち込むことも禁止されていました。
それでもみんなポケットに入れて持ってきてはいましたが、見つかったりすれば放課後まで没収されるのが常でした。
いまでもおおっぴらに授業中にスマホを操作するのは、もってのほかでしょう。
しかし、いまや携帯はなくてはならないものになりましたし、ほとんどの生徒が持っていると思います。
持ち込み禁止というのはさすがにないんじゃないかなと思っています。
そう考えると、ほんの十年で当たり前だと思っていた常識も変わってしまうんですよね。
私だって、いまさら携帯のない生活は考えられませんし、スマホも生活するための必須のツールになっています。
昔と比べると、技術の進歩や社会的に普通とか常識とされるものでも、短い期間であっという間に変化してしまいます。
いまはまだ物好きの人のためのツールでも、数年後には誰にとっても欠かせないものになっているものもあるののかもしれません。
高校生がスマホに熱中している様子を見て、そんなことを考えながらコーヒーを飲んでいたのでした。

エクセルのワークシート・プリント

パソコンで少量でもデータ整理していると午後は集中タイム、コーヒー飲むのも入力しながらちょっとずつ。
時間があれば風味や香りを味わいながら飲みますが、こういう時はさっと飲むだけですね。

エクセルのデータ整理するにも内容をチェックするのにノートに書き込んでいたページやサイト、合計の数値もオート機能で計算し。
いくつかの項目が同じ数値の場合は一回で貼り付けすると効率アップ、しばらく使ってなかった簡単スキルですが案外覚えているものですね。
エクセルのワークシートにある薄い縦と横の罫線は書き込みやすい様にとあるだけで、プリントするには罫線をちゃんと書き込む必要あり、細くても一応見やすいかな。

データ入力しながらお腹も少しは空いてるなと感じたけれど食べる暇は夕方近くになり、クッキーをテーブルにのせたままパソコンに向き合ってました。
初歩的なエクセルの頃よりOSも進歩していてエクセルの機能がいっぱい、ホームとか数式などのタブで使えそうな処をクリックして一通り書面ができました。
たまに使うだけなのでプロ仕様とまでの書面ではないけれど、エクセルの使い方やワークシートのプリント方法などこれからでも使えるでしょう。

今回はとりあえず内容の確認ができればいいとして、次回はもう少し上手に作成したいですね。

すぐになくなるプリンターのインク

昨日は、家電量販店にプリンターのインクを買いに行きましたが、やっぱり高いなと思ってしまいました。
それほど大量に使うものでもありませんが、コピーを取ったりプリントアウトしたり…コンスタントにそれなりに使っている方だとは思います。
使っているからには、もちろんインクは消耗品なのでやむを得ませんが、意外にすぐになくなってしまうような気がします。
インクも安ければ交換の頻度などはそれほど気になりませんが、これが以外と高かったりするんですよね。
確かにキレイに印刷できるので、インク代だけでなく、レアメタルを使った金属製のチップなど部品代があることもわかります。
それにしても、一式セットで買うと5000円をゆう超えるので、結構大きな出費だなと感じてしまいます。
よく考えてみると、プリンター本体は一般家庭用のものなら3万とか4万円で買えるものがほとんどです。
そうすると10回のインク交換で、プリンタ本体よりも高い消耗品の費用がかかっていることになります。
仕方のないような気もしますが、それだけではちょっと割り切れないような感覚もあります。
もうちょっとプリンターのインクというのは安くなったりしないのでしょうか。
もしくは、使用量を少なく抑える節約方法とか、長持ちさせる方法とかがあれば知りたいなと思います。

3Dプリンターの普及

実際に使ったことのある方はまだまだ少ないかもしれませんが、3Dプリンターがますます普及しています。
私は以前建築事務所でこれまで設計した住宅を3Dプリンターで出力した実物そっくりのミニチュアを目にして、その精度には大変驚かされました。
ただ、その製作費が数十万円と聞いてまだまだ3Dプリンターの一般化は難しいと感じました。
3Dプリンターのさらなる普及、浸透には使用料などコスト面の改善が必要だと思います。
導入期に銃を誰でも簡単に作れてしまうということで問題になりましたが、そういった負の面の規制がきちんと整えば、各個人が自由に、欲しいものを必要なだけ作ることができる3Dプリンターは日常生活をより良いものにしてくれるものです。
何でもないようなものでも自分でデザインしてそれが実際に形になり使えるとなると嬉しいことだと思います。
私が3Dプリンターに期待するのは多様な面でのコストダウンとスピードアップです。
スペインのサグラダ・ファミリアの建設スピードが3Dプリンターの導入で早まったように、これからさらに使用可能な材質の画場が広がれば、最近話題となっているオリンピックスタジアムや高層ビルの建設なども高速化でき、計画と実践を同時に行えるようになるのではないでしょうか。

コピー機が5000円なら毎年買い換えてもいい

先日コピー機を注文しましたが何と某有名メーカーの複合機ですが5千円台で購入できました
機能は十分ですが、安過ぎなのがどうもふに落ちなかったのですが、メーカーのビジネスモデルとしてはかなり儲かる仕組みのようなので余計な心配は無用のようです。
純正のインク代が約5千円くらいしますから、コピー機を頻繁に使ってもらえるとユーザーはインキを何度も購入せざるをえずそれで儲けようという、簡単に言えばそういうことのようなのですが、サードパーティー製の安いインクが流通してるので、メーカーの思惑とはかけ離れだしてるような気がしなくも無いです。
詰め替え用のインクセットを購入すると、5、6回も詰め替え可能らしいので、インク代は5分の1か6分の1で済む計算になるので、純正インクの製造メーカーはどうなんだろという気もします。
純正のインクが売れずに、どこの誰だかわからんような新興のメーカーの作っている詰め替えインクが飛ぶように売れているわけですからね。
流通禁止にすることは出来ないみたいだしただ指をくわえて純正インクの売り上げが落ちるのを見てるしかないのだとしたら、メーカーにとっては死活問題でしょう。
私はその安価な詰め替えインクが使用出来るのか調べた上で機種を5千円くらいのに決めました。
もう一つ低いランクの3千円の人気機種にしようかとも思ったのですが、安いインクのおかげで少しだけ贅沢しようという気になりました。
そしてそれはあと2、3日すると届く予定です。