お湯シャンプーを初めて1年経過した効果は?

shampoo

20代に入ってから薄毛を気にしていて、最初は普通のシャンプーにプラスしてヘアトニックなどを使用していたが、ある時お湯シャンプーの本を読んでからはほとんどシャンプーを使わなくなった。
最初の数週間はまだまだ慣れていないこともあり、髪がベタついてしまうこともあったが、少しずつコツを掴み、手だけではなくシャンプーブラシなどを使うことでフケや匂いも気にならなくなった。お湯シャンプーを実践してからは、逆にシャンプーなどの香料がとても気になることもある。

頭だけでなく、体も基本的にはお湯だけで洗うことにしている。
自分が読んでいた本によると、お湯の温度が40度以上であればかなりの洗浄力があるとのことなので、良いのかもしれない。

そして、お湯シャンプーはもう始めて1年近く経過するが、それなりに効果は出ている。
髪の質もだいぶ変わり、むしろシャンプーを使っていないときよりも髪の毛の状態は非常によく、ツヤやコシも出てきている。

背中なども今までボディーソープを使っていたときよりかも肌の質がきめ細やかになり、とても満足している。
また、お風呂にはシャンプーなどの洗剤由来の湯垢ができづらくなり、掃除も楽になったのである。
意外な副産物である。

シャンプーを使わない代わりに、若干お湯をたくさん使うので、ちょっと費用効果的には何とも言えないが、シャンプーをバンバン使うよりかは環境にも良いのかもしれない。
お湯シャンプーを始めてからは、ほとんど洗浄剤である石鹸を主に使い、シャンプーボディーソープなどがお風呂から消えつつある。
お湯シャンプーはきちんと実践すれば、とても良いものであると実感している。