借金を解決する最終手段としての自己破産。

money

自己破産と聞くと、すべての借金を帳消しにしてもらえるということで素晴らしい制度だと感じるかもしれません。
しかし、決して安易に選択して後悔をしないようにしましょう。
破産とは、多くのデメリットがあるからです。

まず、いわゆるブラックリストに載ってしまうことです。
つまり、社会的な信用がなくなってしまいます。
ですから、新たにお金を借り入れることやクレジットカードを作ることはできなくなってしまいます。

また、自己破産によって、財産が差し押さえられる可能性があります。
原則として20万円以上の価値のある財産は、管財人によって管理され、処分されてしまう場合があります。
そのようにして、借金の返済に充てるからです。
財産にはマイホームや自動車も含まれています。

さらに、士業など一部の職業には付けなくなります。
自己破産を考える前に、しっかりと家計を見直すことをお勧めします。
支出を分析すれば、無駄になっている部分を見つけることができるでしょう。

生活費を見直すことにより、支出を減らすことができれば、その分を借金の返済に充てることができるでしょう。
安易な方法を考える前に、任意整理や個人再生といった他の方法についても調べるとよいかもしれません。
破産はあくまでも最終手段です。