大丈夫かジャイアンツの投手陣

防御率が0点台の菅野以外、これと言って信頼できる投手がいない今のジャイアンツ。
今村、高木、田口といった期待され、ローテーションをまかされていた若手は軒並み黒星先行で、内海、大竹らのベテランもようやく1軍に上がってきたもののピリッとせず、おまけに近年の頼みの綱であった山口の調子が上がらずということで、まさに危機的状況です。

思い起こせば、江川・西本・定岡、斉藤・桑田・槙原と各年代において3本柱と呼ばれるような、かなり強力なローテーション陣がいつも中核を担っていたジャイアンツ投手陣ですが、今年は近年になく粒が小さくなっています。
内海らこれまでそれなりに中心選手として頑張ってきた選手たちの力の衰えが目立ち始め、かといって若手が伸びてきているかといえばそうではない状態で、まさに「過渡期」にふさわしいような危機的状況になっています。

近年ジャイアンツの投手陣は後ろにマシソン・山口という強力なセットアッパーがいたために先発が多少早く崩れてもそれなりに試合を作ってこれましたが、さすがの今シーズンはその二人の神通力も通じなくなってきたようです。

ジャイアンツファンとしてはさびしい限りですが、今登板している若手が今後大成していくような気配をあまり感じないところに、今シーズン限りでこの危機的状況が脱出できないのではという危機感を感じずにはいられません。
はやくも気持ちがシーズン後のドラフトに向かいつつあります。
活きのいい新人がとれますように。