絶好調のソフトバンクホークス

最近のソフトバンクホークス打線半端ないですね。
ホークスのファンにしたらめっちゃ嬉しい事ですよね。
先日の試合はなんと先発全員安打に全員打点で22得点。
先発のハンデンバーグに1勝をプレゼントしたようなものですよね。
ソフトバンクホークスは、投手大国として有名ですが、今年は完全に投手が足を運んでいるように感じます。
その分、どんどん野手の成長が目につきますよね。
柳田、松田、内川はずっと安定していますが、恐ろしいバッターが並びますよね。
特に目立って成長しているのが、長谷川、中村、福田。この3人の活躍は非常に素晴らしく、打線を元気にしてるししっかりと繋ぐ仕事をやってくれていますね。
投手では、メジャーから帰ってきた、和田投手がメジャーに行く前と変わらずしっかりと活躍していただいて安心しています。
摂津投手が調子を崩して2軍に行っている分、しっかりとカバーできてるのは和田投手が居るからだと思います。
武田投手、千賀投手も頼もしくなってきましたよね。
特に期待しているのが武田投手。
あの斉藤和巳投手を思いださせてくれるようなピッチングをしてくれています。
投球術も似てますし、安定感抜群ですね。
今年は、15勝。
来年は確実に20勝行きますよ。
このまま、暑くなるペナントレース中盤も体力を落とさずに頑張ってほしいです。