すぐになくなるプリンターのインク

昨日は、家電量販店にプリンターのインクを買いに行きましたが、やっぱり高いなと思ってしまいました。
それほど大量に使うものでもありませんが、コピーを取ったりプリントアウトしたり…コンスタントにそれなりに使っている方だとは思います。
使っているからには、もちろんインクは消耗品なのでやむを得ませんが、意外にすぐになくなってしまうような気がします。
インクも安ければ交換の頻度などはそれほど気になりませんが、これが以外と高かったりするんですよね。
確かにキレイに印刷できるので、インク代だけでなく、レアメタルを使った金属製のチップなど部品代があることもわかります。
それにしても、一式セットで買うと5000円をゆう超えるので、結構大きな出費だなと感じてしまいます。
よく考えてみると、プリンター本体は一般家庭用のものなら3万とか4万円で買えるものがほとんどです。
そうすると10回のインク交換で、プリンタ本体よりも高い消耗品の費用がかかっていることになります。
仕方のないような気もしますが、それだけではちょっと割り切れないような感覚もあります。
もうちょっとプリンターのインクというのは安くなったりしないのでしょうか。
もしくは、使用量を少なく抑える節約方法とか、長持ちさせる方法とかがあれば知りたいなと思います。