3Dプリンターの普及

実際に使ったことのある方はまだまだ少ないかもしれませんが、3Dプリンターがますます普及しています。
私は以前建築事務所でこれまで設計した住宅を3Dプリンターで出力した実物そっくりのミニチュアを目にして、その精度には大変驚かされました。
ただ、その製作費が数十万円と聞いてまだまだ3Dプリンターの一般化は難しいと感じました。
3Dプリンターのさらなる普及、浸透には使用料などコスト面の改善が必要だと思います。
導入期に銃を誰でも簡単に作れてしまうということで問題になりましたが、そういった負の面の規制がきちんと整えば、各個人が自由に、欲しいものを必要なだけ作ることができる3Dプリンターは日常生活をより良いものにしてくれるものです。
何でもないようなものでも自分でデザインしてそれが実際に形になり使えるとなると嬉しいことだと思います。
私が3Dプリンターに期待するのは多様な面でのコストダウンとスピードアップです。
スペインのサグラダ・ファミリアの建設スピードが3Dプリンターの導入で早まったように、これからさらに使用可能な材質の画場が広がれば、最近話題となっているオリンピックスタジアムや高層ビルの建設なども高速化でき、計画と実践を同時に行えるようになるのではないでしょうか。