自己破産すると借金問題を解決できます。

money

闇金が出している広告などを見ると誰でもお金を借りることができるという文言が入っている場合がほとんどです。
本来なら信頼関係の下でお金の貸し借りというのは行われるので、誰でも借りることができるはずはありません。
しかし、それでも可能にしているということは執拗な取り立てや催促という強硬手段が取れるということでもあります。
実際に闇金を利用してしまった人はプライベートにまで闇金業者に侵入されてしまい、最終的には夜逃げするという方法や最悪な場合は自殺をしてしまうという人もいます。

そうならないためにも早めの対応が必要になってくるのですが、抱え過ぎた借金問題を解決する方法で唯一返済義務を伴わない借金整理が自己破産と呼ばれる債務整理で、この方法だと借金がどれだけあっても無かったことにしてもらうことができます。
これは闇金による借金についても同じことが言えます。

信頼関係で成り立っているローンのやりとりを根底から壊してしまうことになります。
自己破産をすることによって様々なペナルティが付加されることになります。
代表的なのが財産の押収です。

生活に必要な最低限の物については残してもらうことができますが、車や住宅、家電など高値のものについては押収の対象となります。
また、ブラックリストや官報に名前が入ってしまうのはもちろんのこと職業制限などを受けることにもなるので十分に検討した上で自己破産を行うかどうか考える必要があります。