コピー機が5000円なら毎年買い換えてもいい

先日コピー機を注文しましたが何と某有名メーカーの複合機ですが5千円台で購入できました
機能は十分ですが、安過ぎなのがどうもふに落ちなかったのですが、メーカーのビジネスモデルとしてはかなり儲かる仕組みのようなので余計な心配は無用のようです。
純正のインク代が約5千円くらいしますから、コピー機を頻繁に使ってもらえるとユーザーはインキを何度も購入せざるをえずそれで儲けようという、簡単に言えばそういうことのようなのですが、サードパーティー製の安いインクが流通してるので、メーカーの思惑とはかけ離れだしてるような気がしなくも無いです。
詰め替え用のインクセットを購入すると、5、6回も詰め替え可能らしいので、インク代は5分の1か6分の1で済む計算になるので、純正インクの製造メーカーはどうなんだろという気もします。
純正のインクが売れずに、どこの誰だかわからんような新興のメーカーの作っている詰め替えインクが飛ぶように売れているわけですからね。
流通禁止にすることは出来ないみたいだしただ指をくわえて純正インクの売り上げが落ちるのを見てるしかないのだとしたら、メーカーにとっては死活問題でしょう。
私はその安価な詰め替えインクが使用出来るのか調べた上で機種を5千円くらいのに決めました。
もう一つ低いランクの3千円の人気機種にしようかとも思ったのですが、安いインクのおかげで少しだけ贅沢しようという気になりました。
そしてそれはあと2、3日すると届く予定です。