過払い金を貸金業者から取り戻した体験談

law-loan

そもそも過払い金というのは払わなくていいのに貸金業者に払ってしまった利息のことを言います。
払わなくていいはずの利息を貸金業者にとられるという事態がなぜ発生したかと言うと、以前は利息制限法という法律を無視して不当に高い金利を設定する貸金業者がほとんどだったためです。
しかし、最高裁判所で過払い金に関する判決が出たのを機に、利息制限法を無視した金利は違法だという認識が広まりました。
現在では利息制限法を無視した金利を設定する貸金業者はいなくなりました。

また、過払い金は返さなくてはいけないと貸金業者も認識しているので、実際にあれば取り戻せる可能性が高いです。
しかし、一斉に全国で返還請求が始まってしまったために、中には資金が足りなくなる貸金業者も出てきました。倒産してしまった貸金業者もあります。
そのため、返還請求を出しても、素直に応じようとしない貸金業者も増えています。

満額の返還を実現するには、裁判を起こすことも必要になってきています。
したがって、過払い金の返還請求をするならば、自分でやるのではなく、弁護士や司法書士に頼むべきでしょう。
貸金業者も相手が法律の専門家だと分かれば観念して素直な態度をとることが多いです。