えっ!自宅の前に温泉がわいてしまった?一体どうすればいいんだ?

休日っていいなぁ。何もしなくても良いような気がするなぁ。ホントはやること山積みだけど、休みだからいいさ~。
などと、平日の午後に家でダラダラしてマンガなんぞ読んでシャワーを浴びて、昼寝なぞしかかっていたら、小1のムスコが帰ってきよった。
えらく、興奮して外から大声で呼んでいるではないか。(クソッ、昼寝終了のお知らせだな。これは)
なんだいなんだい何事だい?と玄関に出ていくと、「温泉でた!温泉。ぶしゅーっ!ごぼぼぼ!おんせーん」・・・わが子ながら発狂したサルっぷりに痛い苦笑い。
が、家の真ん前から水が湧き出してる!確かにごぼぼと。手にしてみると・・温い。もしかしてこれはマジなのか?
 我が家は、ちょとした山のうえ。隣のうちまで100M。アスファルトなんて家から見えない、砂利道だらけの森の中。
移り住んで6年、もしかしてこれは夢の温泉御殿なるかー!? と、一通りテンションをあげてみたりした後で、冷静に水道局に電話。多分水道管が割れたんだろう。
が!しかし、やるきなさそうな役場のおねーさんが「そこには水道管ないですよ。」とかいうもんだから、ムスコ発狂大喜び。とにかく、確認に来るということだったが、
その間頭の中は、ここ(道)ってうちの範囲でOKなのか?一応私道だよな?所有権とかどうなんだ?そもそも温泉って所有物か?毒とか大丈夫なんかな?
儲かったりするかな?と、温泉妄想が湧く沸くしちゃってたわけだ。
 はたして水道局の野暮い青年が来て、なにやら調査して結果を伝えてくれたのですが、、、悲しくなっちゃいましたね。
やっぱり温泉ではなかった。それはしょうがない。まぁ、そんなことは無いとは思っていたから。
でも、水道管でもなかった。もともとないものが破裂することはできないんだから。じゃぁ、なんだったんだって?
下水管です。
正確には埋設型浄水器からあふれた水です。排水側がなにやらかにやらで噴出したのだそうです。
温かったのは、、、、直前にシャワーを使っていた為です。つまり、何が言いたかったかというと、家の前に温泉でたかも~とうかれて手を突っ込むと、、、
『 うんこ汁!かもしれないぞ! 』と言うことです。